FC2ブログ

1/1と1/150 古い気動車と信州の鉄道中心のメモ書きBlog.

どさんこキハを眺める [ひたちなか海浜鉄道9周年祭]


<5/14>

IMG_5270_R.jpg
(ひたちなか海浜鉄道湊線 阿字ヶ浦)

私鉄・茨城交通からの転換9周年を迎えた、第三セクター・ひたちなか海浜鉄道。
JR常磐線勝田から14キロ、潮風吹く終着駅・阿字ヶ浦から撮影スタート。

記念ヘッドマークを掲げ、元JR東海のキハ11がのんびり発車待ち...。



ホームの反対側、使用されていない旧1番線には、JR東海キハ11に代わって引退した旧型気動車たちの姿が。

IMG_5301_R.jpg
元・ 羽幌炭鉱鉄道 キハ222  (昭和37年 富士重工)

新製ほどなくしての炭鉱閉山、廃線によって北海道を去り、茨城入りした経歴の持ち主。
青とクリームの国鉄旧標準色となっていますがこれは現役末期に塗られたもの。

IMG_5350_R.jpg
イベントに合わせ車内公開中とのことで、早速中へ...。

なんといってもまず目を引くのは運転台の旋回窓。
旅客車では大変珍しい除雪車並みの重装備。

IMG_5391_R.jpg
国鉄キハ22形ほぼそのままに製造された羽幌キハ22形。
木張りの床や二重窓(茨城入り後、内窓は撤去済み)を採用した北海道仕様の客室です。

IMG_5339_R.jpg
木床の匂いが漂う車内をじっくり堪能~

IMG_5290_R.jpg
元・ 留萌鉄道 キハ2005  (昭和41年 東急車輛)

こちらもやはり炭鉱閉山で茨城入りした、国鉄キハ22類似車。
ヘッドライト両脇のタイフォンも効いてか、現役末期に塗られた国鉄急行色がかなり似合っています。

IMG_5343_R.jpg
車内には入れなかったので、隣の羽幌キハから覗き見...。
よく似た両者ですが、製造時から一重窓(意外...)だったりと細かな違いも。

IMG_5398_R.jpg
上野から海水浴列車が直通していた往時の阿字ヶ浦。
長いホームと急行色...ちょっとだけ急行「あじがうら」の気分に(?)

そんな風景が残る阿字ヶ浦ですが、北へ3キロほどにある国営ひたち海浜公園への延伸計画があり、
2024年度の開業を目指しているとのこと。 この眺めは遠からず見納めになるかもしれません。

IMG_5273_R.jpg
出店の焼きホタテなどを味わいつつ...次の会場へ~

(つづく)




同じく湊線で活躍していた1番違いの留萌鉄道 キハ2004 (昭和41年 新潟鉄工所)は
現在福岡県にて動態保存中。 ゆくゆくは本線走行も視野に入れているとのことで注目です。

スポンサーサイト
  1. 2017/05/18(木) 16:12:14|
  2. 保存車めぐり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<まだまだ現役キハ205 [ひたちなか海浜鉄道9周年祭] | ホーム | いすみ鉄道キハ28・52 "外房いすみ酒蔵開き">>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dhiemueichi.blog.fc2.com/tb.php/331-89cb7d69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

でぃーえむえいち

Author:でぃーえむえいち

1/1にかかりきりの
1/150エアモデラー

訪問者数(2014.3.30-)

最新記事

カテゴリ

雑記/その他 (18)
[N]レイアウト制作 (68)
[N]車両加工 (38)
[N]車両入線 (9)
Nスケール自動車 (19)
コンテナ (5)
[実車]乗り (38)
[実車]撮り (127)
保存車めぐり (8)
廃線跡探索 (1)
鉄道部品 (1)
駅探訪 (5)
- (0)

月別アーカイブ

 
2014年2月以前の記事は、 旧ブログに掲載していたものです。 リンクなどは当時のままとなっています。

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

鉄道模型ランキングサイト

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
banner3.gif
RailSearch

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる